業務案内

教育 > マネジメントゲーム研修

MG(マネジメント・ゲーム)とは?

実際の経営の模擬体験

研修風景の写真
研修風景
これまでに約1万社、500万人以上が体験しているビジネスゲームの一種で、ヒト・モノ・カネなどの経営資源のミニチュアを使いながら企業経営を体験学習するものです。
人生ゲームを行っているかのように楽しく、ワイワイガヤガヤ言いながら、あっという間に時間がたってしまいます。

≪ゲーム方法≫
ゲーム盤1卓を4~6人で囲んで行います(何卓でも対応可能)。1期間は1時間です。各自が社長となって、設備投資、社員の採用、材料仕入れ、商品販売、銀行からの借り入れなどの経営上の意思決定を行い、1期間終了後決算書を作成します。
各企業は利益額を競い合います。

MG(マネジメント・ゲーム)の目的

経営者感覚の育成

決算書作成風景の写真
決算書作成風景
経営の実際をシミュレーションすることにより、経営幹部及び第一線で活躍するビジネスマンに必要不可欠な、<戦略的思考法>、<計数力>、<先見性>、<決断力>、<創造力 >、<行動力>、<革新力>を開発します。
全体を見渡し経営を進めて行くことにより、トータル的なものの見方や発想のできるマネジメント能力が向上します。「営業マンは売るだけで良い」「製造部員は作るだけで良い」と言う感覚がなくなります。

会計の知識と計数能力のアップ
経営の成果は決算として数字で評価されます。自ら決算書を作成することにより、計数能力アップはもちろんのこと、決算書(損益計算書、貸借対照表)の見方 ・活かし方、資金・利益管理の会計知識、損益分岐点分析などの知識、さらに計数に基づく経営計画の重要性を身につけます。

販売することの重要性
マネジメントゲームを通じて、企業の存続は「利益」 を出すのみではなく、「資金」によるものと認識していただくことができます。そして、資金が生み出される売上の重要性を認識していただきます。
日常販売の業務に直接関係のない方にも営業の重要性・販売することの難しさを体験していただくと共に、「販売こそ事業」の考え方を身につけていただきます。

研修コース・費用

研修コース
研修コースは、1日コース、2日コースの2種類。
※1日コースのスケジュール例

ゲーム盤の写真
ゲーム盤
時間 内容
9時 開講挨拶
9時~10時30分 ゲームルール説明
10時30分~12時 第1期ゲーム
決算書作成
12時~13時 昼食休憩
13時~15時30分 第2期ゲーム
決算書作成
15時30分~16時 損益分岐点分析の説明
16時~17時30分 第3期ゲーム
決算書作成
17時30分~18時 ゲームのまとめ(企業経営のポイント)
表彰など
18時~ 閉講挨拶

受講生20~30人が一般的ですが、個別に対応できますのでお気軽にお問い合せください。